輸入をご検討されている方へ

海の向こうに貴方の連絡を待っている人がいます!

pic3

サプライヤーは決まっていますか?

 日本ではまだ一般的でない商材や原材料を輸入したい場合、展示会やご自身の海外出張を通して、ある程度までサプライヤーのめどが立っていれば、以下のステップで輸入ビジネスを実現させていきます。
 一方、こんな商材を探している、海外のあの商品を日本で売りたい、といった構想の段階でしたら、ご希望に合った商材やサプライヤーを探し出すべく、一緒に調査・検討していきましょう。

弊社の仕事は、貴方の夢をステップごとに具体化させていく事です。

商材や相手国、サプライヤーによって一概ではありませんが、スタンダードな進め方は次のようになります。

1) サプライヤー候補との交渉
2) 日本の、その商材の輸入販売に関する法制度や規制の確認
3) 日本の、その商材の輸入関税、FTA(Free Trade Agreement) 適用可能性の確認
4) サンプルのやり取り、品質規格の取決め
5) 支払い条件、輸送方法、梱包仕様の取決め、物量の想定
6) コスト試算(何処までが輸出者側、何処からが輸入者側のコスト負担化か)
7) 見積り書、覚書き、各種契約書(取引条件、不良品発生時の対応など)の作成
8) 日本への輸入時に必要となる、相手国側が発行する各種証明書、物性データなどの入手
9)輸入スケジュールの調整、輸入通関、貴社指定の納入場所への搬送手配
10)代金のやり取り(貴社から代金を受取り、輸出者側へ外貨送金)
11)そのほか、一連の輸入取引に係る業務