外国との輸出入に関わり始めると、色々な貿易専門用語に接する機会が出てきます。 船積み条件のひとつを現すCIFや、重要な船積み書類のB/L、海外との代金決済方法のL/Cなどなど。 
 これら貿易実務に関する事柄は、弊社のような貿易商社に任せていただくとして、このページでは商材にまつわる貿易関連の知識を極々簡単にまとめてみました。 


特定原産地証明

 例えば、タイの会社が日本製の化粧品を輸入する場合、輸入関税を払わなければなりません。 化粧品には通常30%が課せられます。   一方で日本は、タイやほかの多くの国とF...

詳しくはこちら

自由販売証明

 この書類は、ある商品が日本で合法に製造され販売されている(つまり自由に販売されている)ことを証明するものです。 その商品を輸入する国が、この書類を要求する理由は、輸出...

詳しくはこちら

タイFDA

 タイ王国の保健省食品医薬品局 Food and Drug Administration のことです。 その名のとおり食品、医薬品、医療機器、化粧品などを管轄する役所...

詳しくはこちら

工業用か農業用か

 再びタイの例になりますが、工業製品の原材料として、引火性であったり人体に有害な化学品を輸入する場合には、タイ工業省傘下のDIW (Department of Indu...

詳しくはこちら

食品届

 日本に食品を輸入し販売しようとする場合は、港や空港にある検疫所の食品監視課に食品届、正式には「食品等輸入届出書」を提出します。 「食品等」とあるように、食品に限らず食...

詳しくはこちら

植物検疫

 新鮮なフルーツなどを日本に輸入したい場合は、前のページで紹介した検疫所食品監視課による審査に加えて植物防疫所の検査が加わります。 役所の名前が似ていますが、検疫所は厚...

詳しくはこちら