MENU
日本とタイをむすぶ

タイ語翻訳

正確なタイ語翻訳

 タイ語翻訳の問題は、ほとんどのクライアント様にとって翻訳が合っているか確認のしようがないことではないでしょうか。その中でクライアント様に翻訳の品質を信頼していただく一つの判断基準として、翻訳のメソッド(方法)が挙げられると思います。 
 弊社のメソッドは一言でいうと垂直分業です。ひとつの依頼に対して、複数の翻訳者がそれぞれ各ステップごとに最初から最後まで担当し、ステップごとに翻訳の精度を高めて行きます。より具体的には後述しますが、弊社の翻訳メソッドは「このやり方で翻訳に取組むなら安心だ」と思っていただけると自負しています。

低コスト

 高品質な翻訳を提供できても高コストであっては、お客様の立場に立ったサービスとは言えません。弊社は翻訳のために特定の仕事場を設けておらず、各翻訳者は在宅勤務で翻訳業務にあたります。翻訳事業の固定費を抑えることにより、精度の高い翻訳を低コストで提供します。

翻訳メソッド「日本語からタイ語」

 弊社ではいただいた日本語原稿をタイ人翻訳者に回す前に、日本人校正係が通読し誤訳が生じそうな個所に「翻訳メモ」を付けます。例えばある単語は、無理にタイ語に訳さず音訳するかローマ字表記・英語表記にする、一般的ではない語句に注釈を付ける、修飾節が重層的に使われている長い一文は幾つかに区切って構文を明らかにする、といった作業をします。 
 タイ人翻訳者の誤解・誤訳を未然に防ぐこの作業は、日本語校正の経験を持つ日本人が担当します。その次に日本語からタイ語へ翻訳します。一旦翻訳したものは、別のタイ人翻訳者によって内容を再度チェックします。いずれもタイの国立大学の日本語学科を卒業したタイ人翻訳者が担当します。

翻訳メソッド「タイ語から日本語」

 タイ語から日本語へ翻訳する場合も、日本人とタイ人のチームで対応します。まずタイ人翻訳者が日本語に訳し、それを日本人翻訳者がチェックして日本語として不自然ではないように仕上げます。
 その際に、日本語に直訳しにくいタイ語の単語やフレーズには注釈を付けて納品します。やや冗長な訳文になるかもしれませんが、意味を正確に伝えることに重点を置いて翻訳します。

翻訳分野

 具体的な翻訳対象例は次のとおりですが、何でもお気軽にご相談下さい。
(1) 食品、衣服、化粧品、そのほか日用品全般の商品説明書
(2) 工業製品の規格書や使用説明書、機械のマニュアル
(3) 工場や店舗の作業マニュアル
(4) 旅行案内や観光名所のガイド、地元特産品の紹介文
(5) ウェッブサイトやブログの原稿
(6) 展示会などで配布するカタログやチラシの原稿
(7) 就業規則、各種契約書、その他のビジネス文書

ニュース

PAGE TOP